フラワーギフトで気持ちを伝える❘相手の好みに合わせた選択

暗黙のルール

赤ちゃん

人と人との関り合いの中には、さまざまなルールがあります。例えば、出産祝いなどのギフトを頂いた際にそれよりも明らかに高いものをお返しとして贈ると、相手にとっていい気がしないものです。自分より高いものを用意できるのだという嫌味な印象を与えかねないと言えるでしょう。逆に、明らかに低予算で用意されたと分かるギフトも避けるべきです。日本人のマナーとして出産祝いのお返しを選ぶ際には、あらかじめどのようなギフトルールがあるのかを調べておきましょう。

多くの人が利用している通販サイトには、お返しに最適となるギフト商品が豊富に販売されているので、料金とその中身、礼儀となるのし袋の有無などを重要視して選ぶことです。どんなに身近な関係性であっても、頂いた出産祝いのお返しにはしっかりとした形をとりましょう。またできる限り、直接会いに行ける場合は手渡すことが大切です。直接手渡すことによって、ギフトからだけではなく口頭でも改めてお礼を伝えることができます。相手が遠い地域に住んでいるなら宅配サービスを利用せざるを得ませんが、自宅にギフトが届く旨はあらかじめ伝えておきましょう。出産祝いのお返しとなる内祝いはサプライズにならないので、何も伝えず無言のままに届けられると失礼にあたります。用意したお返しを、出産祝いを頂いてから数ヶ月も経過した頃に渡すことも辞めましょう。暗黙のルールとなるものが数多く潜んでいるので、お祝いギフトを頂く前からこうしたルールを認知しておき自分にとっても相手にとっても気持ちのいいやり取りが実現できます。